« Vol.231 Wenson通信9月号 | トップページ | Vol.233 傾聴のプロ »

2014年9月13日 (土)

Vol.232 応援メッセージ

 嬉しい事がありましたhappy01

 それはとても信頼をしているケアマネさんから、
「先生がブログを書いているのを初めて知りました。
昨夜は1時間半かけて全部読みました。先生がどんな
考えで診療されているかが分かって良かったです。」
と連絡をいただいたことです。

 このブログも気が付けば200回を超えました。
 
 医師として主治医として院長として、そして1人の人間として、
自分が何を考えどういった姿勢で在宅医療に取り組んでいるのかを、
発信していくというのはとても大切なことだと思っています。

 患者さん・家族、それを支える人達、所属する組織は違えども
皆1つのチームであり、自分を知って貰うのはそのチームの中での
信頼に繋がります。

 直接口に出してはうまく伝えられないことも多いのですが、
ブログで文章として書いていく作業が、自分の考えの整理にもなっています。

 自己満足的な内容も多いかもしれませんが、評価をいただき
素直に嬉しかったです。これからも少しずつでも継続して書いて
いきたいと思っていますshine。有難うございましたsmile
 
 

 

« Vol.231 Wenson通信9月号 | トップページ | Vol.233 傾聴のプロ »

コメント

先生、こんばんは。
先月、娘が言語の見学実習で大変お世話になりました。
ありがとうございました。感謝いたします。
これからもよろしくお願いいたします。
ブログは楽しみにしております。

メッセージ有難うございました。

STリハの見学に来られていましたね。
笑顔で挨拶がしっかりとできるいい学生さんだなと思いました。

ブログも読んでいただき有難うございます。

時折覗きに寄らせて頂いています(o^-^o)
皆様の前向きなその人らしさへの支援に心が暖まります(。>0<。)
縁があり、訪問看護に携わらせて頂いていますが、意味のないとてつも大きな壁に
度々心が折れジレンマを感じる今日この頃なだけに力を貰えます。
その方が望む場所で安全、安楽、安心して生活が送れ、穏やかな終末が迎えるようなチームアプローチを行えるを掲げながらも・・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ
愚痴になりすみません(。>0<。)
ひさまつクリニックを益々応援しつつ、自分も諦めずがんばってみますね。

コメント有難うございました。

患者さん、スタッフそれぞれの人生を在宅医療を通じて
応援していければいいなと思っています。

これからもひさクリ&ブログをよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588255/60309738

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.232 応援メッセージ:

« Vol.231 Wenson通信9月号 | トップページ | Vol.233 傾聴のプロ »