« Vol.242 がん連携クリティカルパス | トップページ | Vol.244 ご家族への感謝 »

2014年11月18日 (火)

Vol.243 講演してきました

 16日日曜日鹿児島市民文化ホールで行われた第9回日本リハビリテーション
医学会専門会に参加し、「今もっとも求められる医師=リハビリテーション科医師とは」
というテーマのセミナーで、医学生、研修医を対象に話しをさせていただきました。

 講演のタイトルは、
「いのちと生活を支えるリハビリテーション医療~在宅医療の開業医として~」
としました。

 内容としては、在宅医療は生活を支える医療、リハビリ医療は生活をみる医療であり、
在宅医療=リハビリテーション医療といえるほど共通点が多く、在宅医療に携わる中で
自分はリハビリテーション科を専門とする医師で本当に良かったと日々感じているという
趣旨でした。

 聴講された方々には概ね好評だったようですが、自分にとってもひさまつクリニック
を開業してからの1年8ヶ月を振り返るとても良い機会となりました。このようなチャンスを
与えてくださったセミナー準備委員の皆様に感謝申し上げます。

 これからもチャンスあれば、在宅医療、リハビリテーション医療の素晴らしさを
訴えていきたいと思いますhappy01

 このブログも発表原稿作りでしばしお休みしていましたが、また再開していきますので、
よろしくお願いします。

 下の写真はセミナー参加者の方々との記念写真です。

 
 Photo_2

« Vol.242 がん連携クリティカルパス | トップページ | Vol.244 ご家族への感謝 »

コメント

先生、こんばんは!
楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588255/60675978

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.243 講演してきました:

« Vol.242 がん連携クリティカルパス | トップページ | Vol.244 ご家族への感謝 »