« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

Vol.362 往診三昧

 今日で1月も終わりでした。当院は火曜日は医師3名体制の為、自分は定期診療は入れこまずにもっぱら書類整理やカンファレンス、面談の日に充てています。

 今日もその予定だったのですが、朝から血尿でショック状態の患者さんの往診依頼があり、そうやっているうちに呼吸苦を訴える患者さんからの連絡があり、そうして対応している間に意識障害の患者さん家族からの連絡があり、はたまたインフルエンザ疑いや深い褥瘡が出来てるとかいった内容の連絡もありcoldsweats02、すべてに往診していたら、ずっと出ずっぱりでいつもより忙しい日になりました・・。

 定期での訪問診療も大切ですが、在宅医療では患者さん方が通えないからこそ、今日のような緊急での往診もとても重要になってきます。在宅医療を取り組まれる医療機関も増えていますが、急な体調変化があった場合には、外来受診を求めるところもまだまだ多いようです(それは正直厳しい)

 もちろん、すべてに往診する訳ではなく、電話だけの対応で済ます場合や訪問看護師への対応を依頼することもあります。そこら辺りの見極めが、経験というか腕の見せ所coldsweats01でしょうか。

 1月最後の日がとても慌ただしく過ぎて、新年初めの1ヶ月を振り返る間もなく明日から2月に突入ですdash
 

2017年1月30日 (月)

Vol.361  連携の会

 今夜は鹿児島医療センター主催の連携の会に参加しました。年末、年始は忘年会や新年会を兼ねて、鹿児島市内の主だった病院の懇親会が開催されます。

 各病院の売り出し中の^^?テーマの紹介が先ずあって、その後は宴席。普段お世話になっている各方面の方々にひたすらお酌をしたりして挨拶回りです(営業活動coldsweats01

 鹿児島市内の大きな急性期病院は、ここ数年で移転や改築などのビッグプロジェクトを行っており、どこも救急を始めとして患者さん受け入れに熱心です。在宅医療を行っている立場としては、患者さんが急に病院での検査や入院が必要となった場合でも、スムーズに受け入れてくださる病院が増えてきているのはとても心強く有難い事です。

 このような連携の会を通じて、お互いが顔の見える関係を築いていくのも、とても大切なことだと思いましたhappy01
 

2017年1月29日 (日)

Vol.360 訪問リハ体制変更

 当院の訪問リハビリも開設から3年を経過しました。お陰様で利用者数も100名を安定して超えております。

 今年春からは訪問専従のSTも増員し、なんとST4名体制になる予定です。それに伴い、以前からご要望が強かった谷山方面や吉野方面への対応を行う事が可能になり、訪問リハビリの対応範囲を拡大することが決定しました。

 具体的な対応範囲は、旧鹿児島市内(桜島、喜入、吉田、郡山、松元を除く現鹿児島市)となります。ただし、松元は春山、石谷などの田上よりの地域は対応します。

 当院のようにリハビリ科専門医と訪問リハビリスタッフがチームとして関わるのは、全国でも少数であり、提供する訪問リハビリサービスの質では、どこにも負けていないと思います。
 
 当面はスケジュール枠に余裕がありますので、対象の方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせくださいhappy01

2017年1月28日 (土)

VOl.359 インフルエンザ

 1月になって気温も下がってきたためか、インフルエンザが鹿児島市内でも猛威をふるい出しました。病院などでも院内感染で職員、患者さんに多数の罹患者が出ているとマスコミでも話題になっていました。

 インフルエンザは以前からすると予防接種だけでなく、しっかりと効果の確認された治療薬が数種類出ており(10年くらいまでは有効な薬がなかったcrying)、早めに対応すれば大事に至らない病気になってきました。それでも、高齢者や基礎疾患を持つ患者さんは、かなりの高熱が出て水分も摂れないくらいにぐったりとなりますので、まずはかからないということが一番大切な事であるのは間違いありません。

 予防は大袈裟かなと思われるくらいにやるのが重要で、それも初期に対応できるかどうかにかかっています。

 当院の在宅で療養されている患者さんでも、インフルエンザ罹患者が出ていますが、我々が感染媒介者となる事が無いように、気を引き締めて対応していきたいと思いますthink

2017年1月27日 (金)

Vol.358 学会発表

 当院のリハスタッフが2月に学会発表を行うことになり、本日夕方に予演会を行いました。

 当院では職種問わず学会発表をする際には、必ず予演会を行うようにしています。発表の練習になることは勿論ですが、クリニックを代表して発表する限りには、しっかりとした内容であるかを皆で良く吟味することが大切であり、また他のスタッフがどのような活動をしているかを知るチャンスでもあります。

 本日の発表内容は、病院と在宅のスタッフ間の連携について、二つの事例を通しての課題を抽出したものであり、リハビリスタッフだけでなく、看護師やその他の職種からも質問や意見が出て、いい内容に仕上がっていくものと思われましたhappy01
 
 
 発表者の学会での検討を祈ります!

2017年1月 3日 (火)

Vol.357 お正月

 年末から年始にかけてとてもいい日和が続いています。まるで春のような感じです。

 当院は年末年始は看護師、事務スタッフの複数名体制での当番体制を敷いて対応しています。昨年から、夜間・休日も看護師2名を当番におくようになり、看護師さんたちの頑張りのおかげで随分と主治医である自身が動くことが少なくなり楽になりました。
 年末年始の当番スタッフの働きに感謝しつつ、明日からの仕事始めに向けての準備を始めています。今年1年も健康に留意して頑張っていきたいと思います。

 

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »