« Vol.374 Tさんとのお別れ | トップページ | Vol.376 新入職 »

2017年2月26日 (日)

Vol.375  研修会参加

 木曜、金曜と夜に研修会があり参加しました。一つは鹿児島市在宅医会主催の事例検討会でもう一つは鹿児島市の緩和ケア連携の会でした。

 仕事が終わってからバタバタと準備してはいくのですが、早い時間の開始だとなかなか間に合わずどちらも少し遅れての出席でしたcoldsweats01

 在宅関連、緩和ケア関連の研修会や連携の会は年々増えており、研修会疲れ^^?みたいなものも正直ありますが、それでも参加すればいろいろと勉強になり得るものも多いです。

 どちらの研修会でも質問をさせていただきましたが、緩和ケアの会では、病院主治医と訪問看護師が連携して対応していた患者さんが入院になった事例が紹介されました。自分からみて、もし在宅医が介入していたら入院せずに済んだかもしれないなと思ったので、「在宅医の介入を患者さんに紹介されることはなかったか?」と質問したところ、担当された方々からは「病院主治医と強く信頼関係ができていたので紹介はしなかった」とか「病院主治医を信頼されていて何かあったら入院と決められていたので紹介はしなかった」という返答でした。これはちょっと残念。

 自分は在宅医療に携わっているので、可能な限りは入院よりも在宅で最後まで療養される方が望ましいと思ってはいますが、何が何でも在宅療養という訳ではなく、それは患者さん家族が選択されることだと考え、その意向に沿って支援します。しかし、それは病院(入院)医療と同様に、在宅医療の選択肢もあり得ることを患者さん家族に提示された上でのことだと思います。選択肢がなければ、病院に頼るしかなくそれを強固な信頼関係と捉えてしまうのも、人生の最後の場面でリスクが高いのではないでしょうか。

 自分は患者さんの病態がおもわしくない時には常に入院治療も念頭に入れながら対応していますが、同様に入院治療に関わられるスタッフも、常に在宅医療の選択肢を頭の片隅に入れておいてほしいなと思います。ただその為には、これまでもこのブログで書いてきましたが、我々在宅医療スタッフが、研修会などでも愚直に在宅医療の啓蒙活動繰り返すことが必要だと考えていますconfident
 

 

« Vol.374 Tさんとのお別れ | トップページ | Vol.376 新入職 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/588255/64941527

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.375  研修会参加:

« Vol.374 Tさんとのお別れ | トップページ | Vol.376 新入職 »