« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

Vol.368 事例検討会

 27日木曜日19時より鹿児島市在宅医会主催の事例検討会がありました。
 今回は当院が事例発表の担当になっており、当院からは3月に赴任された田中千恵Drに「在宅医療でオピオイド持続注射を行った2症例」という内容で発表をしてもらいました。

 在宅医療においても、癌性疼痛の患者さんには必要に応じて医療用麻薬を使うことが問題なくなされていますが、主として内服薬や貼付薬が中心です。しかし、体力が低下されてくると内服も困難となったり、また貼付薬では痛みに対しての細やかな対応調整が難しい場合もあります。

 そのような場合には、小型ポータブルの点滴ポンプを用いて持続的に注射で医療用麻薬の投与を行うことが出来ます。一定量の投与だけでなく、痛みが増強した場合には一時的に量を増やしたりと、症状に応じた対応が可能です。病院では一般的に行われていますが、あまり在宅医療では積極的には行われていませんでした。しかし在宅においても近年その持続注射の重要性が指摘されるようになり、当院でも昨年から機器をそろえて少しずつ対応してきていました。

 田中Drは緩和ケア病棟で機器や注射の取り扱いにとても慣れており、当院赴任後も必要な患者さんには積極的に使用しています。今回は在宅医療に取り組む医師だけでなく、他の職種の方々にも持続注射について知っていただけたらいいなと考えて、発表させてもらいました。

2017年4月16日 (日)

VolVol.367 オープニングスタッフ募集

夏頃に開設予定の看護小規模多機能事業 フォーピース紫原のオープニングスタッフ(介護職)を募集開始しています。

スタッフが集まらなければ建物は完成してもオープンできません。

平和会は働く人の就労環境を大切にすることが、患者さん・利用者さんにより良いサービスに繋がるという考えのもとで運営しています。決してブラックでもグレーな企業でもありません^^・・。
皆さんのお知り合いの方に是非お声掛けください。
詳細は、こちら ⇒ http://www.hisamatsuclinic.com/henkouari/kaigosyoku.pdf

ご協力をお願いします。

2017年4月11日 (火)

Vol.386  フォーピース紫原

 今夏に開設を予定している看護小規模多機能型居宅介護支援事業の正式名称が、

 看護小規模多機能事業
  「フォーピース紫原」

 に決まりました。名称の由来はというと、

1、平和会(Peace:ピース)において、既存の小規模多機能事業の通い、訪問、泊りの3つの機能に加えて、看護を加えた4つの(four:フォー)機能を持つ事業所

2、4P`s:
 Pleasure(楽しみ、喜び)、Positive(前向き)、Passion(情熱)、Peace(平和)の4P
:利用者・家族が楽しく前向きに人生を過ごせるように、平和会スタッフが情熱を持って支援し続ける事で、安心して暮らせる地域作りにも繋げていく。


 5月以降で概要についての説明会も行っていく予定です。
 今後は「フォーピース紫原」として周知の程よろしくお願いいたします。

2017年4月 3日 (月)

Vol.385 新年度

 4月に入りました。当法人は毎年3月が決算でひとつの締めくくりであり、4月からが新しい年度となります。

 本日は小春日和の中、新しいスタッフの入職がありました。事務、医療相談員、言語聴覚士がそれぞれ1人ずつでした。

 ほぼ毎月新しいスタッフが増えているので、名前と顔を覚えるのに少しずつ大変になってきましたがcoldsweats01、職場においてはコミュニケーションが一番重要なので、そこは努力していこうと思っています。

 今週末には法人全体の花見も予定されており、ご家族も合わせて60名を超える予定で、準備に担当者が奔走しています^^・・。新しい仲間と一緒に、また楽しく仕事をしていけたらいいなと思いますhappy01

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »